« 母なる海は母が守ろう | トップページ | 再処理工場の試運転終了が1年以上延期 »

2009年7月 2日 (木)

広瀬隆さん講演「さようなら、プルサーマル計画」

6月28日、代々木八幡区民会館で「原発・核燃とめよう会」主催の標題講演会がありました。この日は、月例の渋谷の「再処理とめたい!デモ」と重なったこともあり、参加者は30人弱と、少なめで残念でした。というのも、プルサーマルは再処理同様、決して進めてはならない、そのことを多くの人に知ってもらって、市民運動・住民運動で潰さなければならない、今の重要問題だから。

ごくごく簡単に広瀬さんの話を要約すると、

1)プルトニウム燃料を使う人類への悪影響(肺、卵巣、精巣への蓄積)
2)プルサーマルの危険(プルトニウムはウランにくらべ、中性子を吸収しやすい、核分裂しやすい、制御棒効き難い、ガス発生量大)、日本のプルトニウム富化度は10%以上で世界でもトップレベル(未経験)、使用済MOXは100年後でも10年後の使用済ウラン燃料より危険、誰も責任もてない、高レベル廃棄物100万年後まで
3)なぜ強行するか
4)「再処理」の看板は下ろせない(中間貯蔵として。でももうプールはほとんど満杯状態)
5)「再処理」からはじまる膨大な無駄遣い
6)「リサイクル、資源有効利用」のウソ
7)IAEAは最も危険な核兵器普及機関
8)国・電事連は6月初旬にプルサーマル“閉幕スケジュール”を発表した(6/6: 60億円の交付金3月末に打ち切り; 6/12: プルサーマル計画—2010年度までに16~18基—を5年先送り): 玄海、伊方、浜岡だけが取り残された
9)「原発ルネサンス」は廃炉の埋め合わせに過ぎない
10)どうするか?→有望なガスコンバインド発電(小型の発電機をたくさん並べて消費電力の変化に簡単に対応できる)
燃料電池:中国へ(原発大増設NO);とくに産業用に→エネルギー浪費↓効率↑ 

11)エコとは?
天然資源浪費↓;無駄な廃熱↓;危険な廃棄物なし

など、いつものように盛りだくさん;熱く語られました。

最後に:今私たちができること、やるべきこと:

・住民運動が基本(現地で潰す);
・「考えること」(忘れていれば関係なく暮らせてしまう)絶対的方法はない;

・諦めてはいけない(向こう側はそれを待っている)

・「プルサーマル」で結集せよ!
玄海原発のプルサーマルを止め(延期)させる→芋づる式に他も破綻

佐賀県民の半数の反対署名達成を目指して頑張っている現地を支えるためにも、県外からもたくさんの署名で応援しましょう!

(向こう側の質が落ちている→公開討論の場でやり合えない;内部崩壊してい
る;事故がこわい)

« 母なる海は母が守ろう | トップページ | 再処理工場の試運転終了が1年以上延期 »

活動日誌」カテゴリの記事