« 国民の6〜9割の意志に反する 拙速な大飯原発の再稼働は絶対に許せません | トップページ | 地震・津波に関する意見聴取会委員の皆さま »

2012年6月12日 (火)

「原発再稼働 賛成?/反対? シール投票」を行いました

 5月19〜20日、代々木公園で行われたジャマイカフェスティバルに「たんぽぽ舍」と合同で出展し、脱原発パネル展示や「さよなら原発1千万人署名」、「原発被災者救済立法要請署名」、などと共に“原発再稼働 YES/NO シール投票”を行いました。

 

 〈昨年も、アースデイとジャマイカフェスチィバルに参加したときも、地域のイベントでも、「原子力に頼る日本のエネルギー政策は?・やむを得ない/・原発は減らすべきだ/すべて廃止すべきだ」(3択)  のシール投票を行ったので、今年はその延長上の企画でした。(アースデイでは「すべて廃止すべき」が約9割を占めました)

 


今年の結果は、2日間の合計で、995人が投票し、


       (青シール)        

原発再稼働 「YES」96人(9.6)

  

       (赤シール)

      「NO」899人(90.4) 

でした

20122_2
 興味深かったのは、反対の人は態度がはっきりしていて、「NO!」と強く叫びながら貼る人、貼ってある賛成()シールをみながら「賛成する人が居るんですね」と、心外そうに言う人、
「この反対(赤)シールを全部貼りたい」と言う人もそれぞれ複数人いて、また「いらない!」と言って2枚貼って行った人など、確信的に即答した人が多かったのに対し、賛成する人の中には、ちょっと考え、迷う人もいました。賛成の理由を聞いてみると、電気が足りない、原発やめると職を失う人が居るなどでした(それこそは政策的に解決すべきことなのだ!・・)

 

なお、195時現在の途中段階(投票数451)の様子も写真入りでhttp://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11255075398.htmlで紹介されているので見て下さい(この段階では反対が81.8でした)

 

ちなみに、後から知ったことですが、「大飯原発再稼働賛成?反対?全国投票の会」が5月3日~6月3日の間に全国54カで行ったシール投票の結果を発表していますhttp://oigenp.exblog.jp/)。この会の質問は「大飯原発」再稼働だけにしぼり、また回答に「わからない」の選択肢も入れた3択方式であるため、我々の結果と直接の比較はできないのですが、総投票人数14943、賛成13%、反対71%、わからない15%となっていました)。 

 

 結果は上記全国投票の会にもメールで報告し、首相と枝野、細野、藤村の4閣僚にFAXを入れて「立地自治体だけが地元ではない。全国民の声をきけ」と要請しました。


 

 各種世論調査で、いずれも、一般市民の6〜7割、場所によっては8〜9割が「脱原発」、「再稼働反対」という声を挙げています。野田総理ら閣僚はこの大きな声をひたすら無視するだけで良いと、まともに考えているとしたら、愚かな政治家たちよ!と絶望的にさえなります。不勉強な閣僚たちにこの国の将来など決められてはたまらない。責任をとりたいなら財界のいいなりをやめて国民の意思にしっかり向き合い、まず「脱原発政策」を確立して欲しい。

 

« 国民の6〜9割の意志に反する 拙速な大飯原発の再稼働は絶対に許せません | トップページ | 地震・津波に関する意見聴取会委員の皆さま »

活動日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民の6〜9割の意志に反する 拙速な大飯原発の再稼働は絶対に許せません | トップページ | 地震・津波に関する意見聴取会委員の皆さま »